JAPAN JET SPORTS FEDERATION


JJSF(日本ジェットスポーツ連盟)とは

1992年6月1日に国内における中立な水上オートバイの競技団体として設立され、国際的にもIJSBA(国際ジェットスポーツ協会)と提携しながら、国内の水上オートバイ競技の統括を行う団体です。
JJSFでは、国内競技規則の制定、競技会の開催、競技会の承認、選手及び役員の登録、国際大会への選手の派遣、安全及び普及宣伝等の事業を行っています。


ENTRY 競技会に参加するには

●ライセンス制度

JJSFの公認する競技会に参加するには、JJSF(日本ジェットスポーツ連盟)の発行するレーシングライセンスを取得しなければなりません。取得には次の条件が、必要です。
 
小型船舶操縦士免状四級以上取得

承認競技会出場経験

JJSFレーシングライセンス講習会受講

JJSFレーシングライセンス筆記試験合格
 
以上の条件を満たすトレーシングライセンスの申請ができます。レーシングライセンスは、前年の成績に応じて、A級、B級、B2級に別れています。(成績により昇格、降格があります。)JJSFの競技会に初めて参加するライダーは、B2級からはじまります。また、実際に競技会に参加するためには、使用するマシンをJJSFに登録し、公認チームに所属する必要があります。

〒104 東京都中央区銀座8-20-34 (財)マリンスポーツ財団内
TEL.03-3543-7321 FAX.03-3543-7328


■マリンスポーツ財団




[このページのTOPへ]

home contents ひとつ前へ